熱電対の寄生起電力

熱電対の寄生起電力

素線が均一の場合は、両接点( 温接点と冷接点) の温度差で起電力は発生するので、素線途中に高温の部分があっても影響はありません。ところが素線が不均質の場合、局部的に熱起電力が発生することがあります。これを寄生起電力と言い、温度誤差となります。

素線に繰り返し加工歪を加えた場合、あるいは長時間にわたり局部的に高温にさらされた場合には、不均質度が大きくなり発生しやすくなります。特に長尺熱電対の場合は注意が必要です。

長尺熱電対の場合の不均質のチェックの方法としては、温接点を検定炉内の挿入したまま途中部分をバーナー等で局部的に過熱して、起電力の変化を見ることで発見できます。

  • カタログPDFダウンロード
  • 品質へのこだわりへ
  • カタログダウンロード
  • 注文書
  • 納品までの流れ
  • よくある質問

ISO9001認証取得

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

  • 大阪06-6308-7508
  • 東京03-6417-0318

(電話受付時間 平日9:00~18:00)

メールでのお問い合わせ

受付時間外、土・日祝日はお問い合わせフォームをご利用ください。 こちらから折り返しご連絡差し上げます。

お問い合わせへ

TA/RAシリーズ